失敗しない相続問題 生前贈与と遺言について セミナー・相談会
お申し込み・お問い合わせはこちら
〇お電話でのお申し込み
086-246-0883
受付時間:平日9:00~18:00
電話はこちら
〇お問い合わせフォームからのお申し込み
お問い合わせフォーム
皆様のこんなお悩みを一緒に解決します
相続」を「争族」にしないために
相続管理
遺言について
分かりやすく紹介します。
「争族」とは、親族間で起こるもめごとのこと。そうならないために、次の世代へ円満に思いを引き継ぐことで、各家庭が明るく生活できて、それが地域も元気にしていくことにつながってほしいと願っています。
社長の皆様
株式や不動産はどう配分するべき?
会社の経営を次男へ引き継ぎ、長男は次男をサポートする役目を果たしてほしい。株式や不動産をどう配分するか。
まず、株式について経営権を確保できる割合を次男に遺言書を作成することが第一、株価対策はその次になります。
不動産オーナーの皆様
施設への入所前、何かしておくべき?
いくつか賃貸アパートを持っているが、伴侶には先立たれ、子供もいない。そろそろ施設に入所して余生を過ごしたいが、何かしておいた方がよい?
兄弟で特にお世話になった人、疎遠な人がいる場合は遺言書を作成しましょう。
わが街おかやまを愛する皆様
長男に財産を多く譲れるのか?
年齢等を考えて、農家を継いでくれた長男に自分の財産をできるだけ多く譲りたい。
(日頃疎遠な次男や三男には、あまりやりたくない。)
遺言書を作成する際、いわば最低限の取り分ともいえる遺留分に配慮した内容にしましょう。
セミナー・相談会
セミナー内容
相続にまつわる問題の整理
遺言執行者の重要性
観点ごとにおける、問題となる事例紹介
生前贈与の形式と活用例
遺言の形式と活用例
朝霧元晴
講師
朝霧元晴司法書士事務所
所長 朝霧 元晴
平成10年司法書士試験に合格、平成11年事務所を開業。以来、約15年間相続・売買・贈与など不動産登記業務を中心に行っている。近年は特に相続と遺言に関する依頼や相談が多く、実務の経験にもとづいた話をわかりやすく伝えることに注力している。
私は、次の世代へ円満に思いを引き継ぐことで、各家庭が明るく生活できて、それが地域も元気にしていくことにつながってほしいと願っています。
「まだ考えていない」「難しそう」と思われている方も、実務経験にもとづいた話をわかりやすい表現で伝えますので、ぜひ一度ご参加ください。
朝霧元晴司法書士事務所では、講演・セミナーのご依頼も承っています。お気軽にご相談ください。